2006年05月17日

レビュー其の壱 『谷川 流』 著 【涼宮ハルヒの憂鬱】

藤ねえ

さてまたこれ以降に使う機会があるのか知らないけどカテゴリに気ままにレビューを追加してみました

まぁ小説とか?がメインになる予定なんでそこんとこ宜しくです





さて記念すべき第一回は

『谷川 流』著 【涼宮ハルヒの憂鬱】です

なんでハルヒかって?

そりゃ検索に掛かるようにするた(ry

それは冗談として(´∀`*)

今波に乗りまくってるハルヒなんですが

実は私まだ一度も読んだことがなかったものでして・・・・(´・ε・`)

だからこれを機会に読んでみようかなぁ〜なんて

それではこれ以降はかなりのネタバレになるんで見たくない人はどうぞこのままブラウザの戻るボタンでもw
 












まぁ私の先入観としてはハルヒは学園物だとすっかり思っていたのですが

実はこれ、まぁ学園物でもあるんですが本筋はSFだった訳ですね

それが私には先入観もあったからかとても衝撃的で

きっとそこから谷川氏のペースにのせられたんでしょうねー

登場人物もハルヒは見たまんまのツンデレ

まぁ私にはツンデレ属性ありなんでかなりぐっときたんですがなにより朝比奈さんとの絡みが良かった(爆

朝比奈さんも私は結構お気に入りなんですけど未来人の設定はいらなかったような気も・・・・





物語の方も伏線の張り方がとても上手く

独特の文調、そして主人公キョン君からの視点でのスタイルがとても良かった!

読み始めてから最後まで一気に読んでしまいましたよ

それだけ、この本に私は魅せられたんですね



とりあえず総合評価は文句なしのAです

谷川氏にはこれからもどんどん頑張って欲しいです

私も早くハルヒシリーズを読破しなくてはo(・∇・o)
posted by 迅哉 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気ままにレビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。