2006年03月28日

『オタク』の話(゜Д゜)

ワラキア

YAHOOトピックスで知ったことなので皆さんも知っているかもしれませんが

フジテレビの会社概要がAA化っていう話です。

どうやらこれが「時代に合ったデザイン」らしいです

まぁ見てみたい御方はどうぞリンクを

http://www.fujitv.co.jp/index.html

ここの左下の小さい会社概要というところです



まぁどうせ電車男のヒットがこれの要因なんでしょうけど

実は僕はドラマ版の電車男は嫌いです

さて、ではここから僕の偏見が始まりますので見たい方だけどうぞノシ















電車男放映以来『オタク』『2ちゃんねる』が大分一般の方々に広まりました

それによりやたら『オタク』という言葉を聞くようになりました

生活の中でちょっとある一つの事柄(例を挙げるなら声優とか)に対して人より詳しい知識を持っているとすぐに

『オタク』という言葉が出てきます

しかし、

はっきりいってドラマ電車男の中での『オタク』とはオタクではないと僕は思います



真の『オタク』というのはあんな物ではありません

あれはただの『マニア』の集まりです

電車男の製作スタッフはコミケなどに行ったことがないのでしょうか?

コミケ会場にいるのはあんなドラマに出てくる変人どもだけではなく普通の、一見一般人にも見える方々がたくさんいるのです

それをドラマではあまりにも変に表現したために『オタク』という言葉が変な風に広まってしまいました

ズバリ、今の『オタク』というのは一般人をとしての個を持ち尚かつ同じ趣味を持つ者同士の中だけで分かり合える話をする人々の事なのではないでしょうか





強引なまとめ方をしましたが要するに僕はドラマ版電車男が嫌いということです

しかし、この考えは僕個人の物であり決して他人に強要しているわけではないですので悪しからず

それ故に僕は、『オタク』であると言いたいのです
posted by 迅哉 at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | NET放浪
この記事へのコメント
なるほど、オタクの定義ですか。んー一理ありかもしれないです。ま、みんながみんな、あんなおかしい人の集まりじゃないですからねー。確かに、うちの学校にも、カッコイイのにオタクとか、いっぱいいます。「オタクな話ができるってことがステータスだ」って言ってた人もいました。隠さないから、さらにカッコイイみたいな感じでしょうか。

かく言う僕も、オタク趣味というか、「オタクですが、なにか?」のブログが本業じゃないんですよね。もう一つブログを持ってたり(汗)二足の草鞋を履いていて、なおかつそれを隠していないって人は僕の回りでも多いです。ストリートダンスしながらオタクやってるとか……。

ドラマならではの誇張表現も、行き過ぎはNGってことですね。確かに僕も、あのドラマは好きじゃなかったです。あれがエンターテイメントだって割り切って見てた友達もいましたが……

ここは一つ、迅哉さんの意見に一票ですね。

そして、今回のアイコンはワラキアの夜!前回は佐々木小次郎でした〜。個人的に、佐々木小次郎とは一度、夜の花見酒を酌み交わしたいところです。
Posted by REN at 2006年03月30日 12:56
RENさんコメント有り難うございますm(__)m
やはりドラマ版電車男のせいでオタクという物に偏見を持たれた気がします。
オタクという物にも様々な意味があり、まぁ確かにドラマの中の人もオタクという部類なのかもしれませんがオタクのすべてがああではなく中には一般人という個の殻を兼ね備えたオタクもいると言いたかったんですよ〜

意外と知的に見える人ほどオタク度が高いという調査報告も(嘘

イイですね〜私も花見酒に御一緒させていただきたいです
アイコンポイント2pt獲得です〜
Posted by 迅哉 at 2006年04月01日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15641492
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。